軽微な事故でも相手によっては警察を呼んだほうがいい

軽微な物損事故

縦列駐車しようとしてちょっとゴツン。相手の人から、「どうせキズだらけだからいいよ」と言われました。でも念のためと思って、警察を呼びました。30分待って、処理はあっという間。こういう時、普通は呼ばないものなんでしょうか。

クルマの形まで変わってしまったり、ケガ人が出るような事故に遭えば即刻110番通報し、警察に届けると思う。しかし人身被害がない軽微な物損事故の場合、警察に届けずにすますケースも多いようだ。
どうやったらスムーズな事故処理ができるだろうか?
軽微な事故を起こして110番通報したとしよう。もちろん警官は現場に来るけれど、社会的に考えると大きな損失である。100%自分が悪く、すべて自動車保険で処理するような時であれば、迷惑をかけた相手を待たせておかねばならない(経管到着まで1時間以上かかることもある)。犯罪防止の点からも軽微な事故で警官を呼ぶのは考えもの。
しかも警官が来たところで免許証と車検を確認したあとは「当事者間で解決してください」と帰ってしまうのだ。
つまり110番は事故証明を発行してもらう、という手続き上の問題だけと思っていい。
このあたりの事情は自動車保険の会社もわかっており、一方的な過失で発生した軽微な事故については警察の事故証明なしで支払いがOKとなるようだ。建て前は事故証明を必要としているけれど、なぜか「警察に届けなかったので事故証明はありません」という自認書用紙まである。これに記入すればよいということ。一度自分で加入している保険会社に問い合わせ、事故の時の対応方法についてレクチャーを受けておくといいだろう。
それなら「軽微な事故なら110番しなくてもいいか」となれば、答えは「No」である。こちらが加害者の場合「翌日になったらなぜか相手がケガで病院通い。壊れた部分も拡大していた」という例は珍しくないし、被害を受けた側なら「そんな事故はなかった」と突っぱねられることも。世の中、悪いヤカラは必ずいるのだ。
具体的にはどう判断したらいいか。加害者/被害者間わず、名刺などで相手の仕事を確認すること。普通の会社員や自分で商売をやっているようなヒトとか、農業や漁業といった自営業で大人なら、心配しなくていい。数万円で処理できる軽微な事故のために人生を棒に振るようなことはなかろう。その場で名刺などに損傷箇所を書き、お互いに交換する程度で十分。
逆に怪しいと感じる相手なら、「警察を呼ばなくてもいいから」と言われでも、即刻110番通報すべきだ。いずれにしろ昨今のような自動車社会では、軽微な事故など起きて当たり前。ケガさえなければ、お互い様だという意識でで処理方法を考えるべきだろう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ