[事故レポート]高級車との接触事故

【徳島県「のえる」様(42歳女性)の体験談です。】

1年半ほど前、急いで出勤していた朝のことです。
近道をしようと、私は農道から左折しようと少し前進した時でした。
左から来た車に接触してしまったのです。

一瞬、頭が真っ白になりましたが、すぐに車を安全な場所へ止め、相手の方と警察を呼びました。
相手の方は、高そうな高級外車で、私はそれだけでさらにパニックになりそうでした。
警察が来るまでに、お互いに入っている保険会社へ連絡をし、事故の状況を説明しました。
つくづく、任意保険に入っていてよかったと実感した瞬間でした。

軽い接触だったので、お互いに怪我はなくて、本当によかったと思いました。
現場の状況から、明らかに私のほうが狭い道幅の道路だったので、相手が優先道路になり、過失は私が多くなるのは、わかりました。

警察の事故調査が終わり、後はお互いの連絡先を交換してその場を離れました。
相手の方も、急いでいたらしく、車は動く状況だったので、そのまま別れました。

こういう場合、やはり感情的になったりもしますので、保険会社に加入して、事後の話し合いを進めてくださったのは、本当にありがたく思いました。
保険会社同士で、過失の程度により、修理の進捗やその他やっかいなこともすべてしてくださり、ただでさえ事故でへこんでいる時に、もし保険に入っていなかったらと思うとぞっとしました。

結局、相手の車が高級外車で、部品が相当高いらしく、修理代がとても高いとの連絡がありましたので、保険の等級は下がりますが、保険を利用することにしました。
私の安い国産車は、意外とすり傷であまり修理代はかかりませんでしたが、相手の保険を適用してくれました。
今回の接触事故で、つくづく任意保険に入っておくべきだと痛感しました。

事故直後、保険会社のオペレーターの方が、お怪我はありませんでしたかと、親切に言ってくださる言葉が、神様のように感じたものです。
何もないにこしたことはありませんが、いざというときは本当に保険は役立ちます。

今回は、私のほうがもっと注意していれば防げた事故だったので、本当に相手の方に申し訳なかったと思います。
いくら自分が気をつけていても、事故はいつおこるかわかりません。
そんなときのために、保険に加入し、事故が起こらない安全運転を心がけたいものですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ